特定非営利活動法人 霧ケ峰基金

霧ケ峰基金の活動

霧ヶ峰は、そのなだらかで広大な草原景観で国内有数の観光資源であるのみならず、湿原や樹叢などの独特の生態系を有し、学術的にも貴重な地域です。また、霧ヶ峰は諏訪地方の水源として多くの人がその恩恵をうけて暮らしています。
ところが、年間300万人以上と言われる霧ヶ峰への観光客はそのほとんどが夏期に集中し、人の踏みつけによる裸地の増加や登山道の雨水による表土の侵食、野生動物への脅威や帰化植物の繁茂など自然環境に与える悪影響が懸念されています。
また、江戸時代~昭和30年ころまで採草地として入会権を持つ地区が草原を利用・管理していました。しかし、戦後の高度成長期のエネルギー革命や法規制などにより、管理が成されにくくなってきました。その結果、霧ヶ峰の誇る草原景観は森林に移り変わろうとしています。
近い将来、私たちを魅了する草原はその姿を変えてしまう恐れがあるのです。

霧ヶ峰のように人の手によって草原が維持されてきた草原は、国内ではごくわずか。
NPO法人霧ヶ峰基金は、この霧ヶ峰とその歴史、そしてそこに暮らす生き物の姿を100年、1000年先にも伝えていくために、霧ヶ峰の自然環境保全を「持続可能な利用」という観点からとらえ、保全と利用が両立する「霧ヶ峰型エコツーリズム」の普及・啓発活動をしています。

霧ヶ峰高原
霧ヶ峰高原

詳しくはホームページをご覧ください。

 
特定非営利活動法人 霧ケ峰基金ホームページはこちら
ホームページはこちらをクリック
  • 茅野エコツーリズム協議会 事務局
    〒391-8501 長野県茅野市ちの3506-1 
    茅野駅モンエイトビル2F 
    TEL 0266-75-2030 FAX 0266-75-2040